過去の好きな人に似ている

トップページ > 一目惚れの心理とは > 過去の好きな人に似ている

昔好きだった人に似ていた時、無意識に一目ぼれする

あなたには、「一目見た瞬間、運命を感じて恋に落ちてしまった…」そんな経験はあるでしょうか?
しかしその運命の恋…、実は一目惚れではないのかもしれません。
人は、過去に好意を持っていた人や、好きな有名人などに容姿が似ている相手を見つけると、初対面だったとしても、その人に対して勝手に良いイメージをもってしまうことがあります。
例えば、昔いいなっと思っていた人と顔や髪型、体型が似ていたり、なんとなく雰囲気が似ていたりすると、一目見ただけでドキドキしてしまい、「惚れてしまった!」と勘違いをしてしまうことがよくあるようです。

本来の意味の一目惚れとは、一目見ただけで無条件に相手に夢中になってしまうことをいいますが、この場合、あくまで惚れたのは過去の人物であり、勝手に過去の人物と容姿や雰囲気が似ている人物を重ね合わせているだけなので、本当に一目惚れした相手を好きになってしまったのかどうかは分からないのです。

顔が似ているだけで、性格はまったく別であるのかもしれないし、付き合ってみてから「イメージと全然違った…」なんてことが要因で破局してしまうこともあるかもしれません。
例え過去に好きだった人と似ていることがきっかけで一目惚れをしたとしても、相手には相手の良さが隠れていますから、本来の相手の良い部分を見失わないように気をつけていくと、恋愛をより素晴らしい方向に発展させていくことができるようになるでしょう。