一人でいるのはさみしい

トップページ > 一目惚れの心理とは > 一人でいるのはさみしい

一人でいるのが寂しいと感じた時、一目惚れしやすくなる

一人がどうしても寂しいと感じる時期ってありますよね。
特に、恋人と別れたばかりで心の傷が治りきっていない時や、長い間恋人ができない時期などは、孤独であることを実感しやすくなるため、寂しさも急にこみ上げてくることが多くなります。
このような期間が続くと、心にポカンと穴が空いたような感覚になり、やることなすこと力が入りづらくなって、寂しい気持ちもさらに積りやすくなってしまいます。

そのため、「今の寂しさをなんとかしたい!」という気持ちが強くなり、孤独を打破するために、恋愛を追い求めやすい体質となっていきます。
こうした状態になると、人を好きになる範囲が広がって、ナンパをしてくるような軽い男にも引っ掛かりやすくなり、所構わず一目惚れしやすくなってしまうのです。

また、一人が寂しいと感じやすい女性は、恋愛依存症である可能性が高い傾向にあります。
寂しさのあまり「次の恋を早くみつけて安心したい…」という欲望にかられ、焦りながら次の恋愛対象を探そうとしてしまうので、失敗し易い恋を繰り返してしまうことが多々あります。

ですので、寂しさを感じやすい時は一目惚れもしやすい状態となっていますが、安易に恋愛を始めてしまうと、良くない結果を生むことに繋がってしまうかもしれません。
本当の幸せを手に入れるためにも、寂しさに惑わされることなく、相手が本当に自分に合った人物なのかをしっかりと見極めるよう努力していきましょう。