基本は面食い

トップページ > 一目惚れの心理とは > 基本は面食い

一目惚れの基本は容姿

「人は見た目で判断してはいけない」といいますが、一目惚れの基本は、見た目や容姿、雰囲気が自分の好みのタイプであるかが大事なポイントになります。

「結局外見なんだ…」とがっかりしてしまう人も少なくないでしょう。
確かに容姿がきれいだと、どのような人にも好印象を抱かせることができますが、人によって恋愛対象にしたいと思う容姿は異なってきます。
つまり、人それぞれによって好みの顔のパーツは違うということが重要になります。

例えば世間一般では、たれ目で可愛い雰囲気の人が人気にあったとしても、自分自身がたれ目な顔つきであると、恋愛対象にしたい相手に求める顔のパーツはつり目であったりします。
なので、自分の顔には無いパーツの「つり目」をもった異性が現れると、これといって顔がかわいい・かっこいいわけでなくても、自然とその人に惹かれてしまい、一目惚れに発展してしまうことに繋がるのです。

これには理由があり、人間の生殖本能に関係しているからだと言われています。
人間には、自分と遺伝子が遠い人に好意を持ちやすいという性質があります。

そのため、自分とは違う顔のパーツを持っている人物に出会うと、相手との遺伝子が遠い可能性が高いと認識するようになり、「この人と結ばれれば、子孫により強い耐性を与えることができる」と自然と察知するため、相手に惹かれやすくなります。

なので、容姿に特別自信がないという方でも、自分との遺伝子が遠い人に出会うことができれば、十分に一目惚れされる可能性がでてくるということになるでしょう。