単刀直入に告白する

どうしてもうまくいかない場合は、単刀直入に告白するのもあり

連絡先交換も、遊んだりデートしたりすることもできない場合は、もう単刀直入に告白してしまうのもアリです。
どうしたって、このまま先に進めないのであれば、ダメ元で告白してみましょう。

ただ、その場合、あなたの気持ちの伝え方によって、相手とのこれからの距離が変わっていくことが予想されます。
最悪の場合、もう二度と会話もすることもできなくなってしまうかもしれません。

ですから、告白のときの言葉選びには十分に注意して、思い切って気持ちを伝えてみましょう。

成功率の高い気持ちの伝え方

ここでは、成功率の高い気持ちの伝え方を知っておきましょう。

まず、第一に気持ちを伝える際は、いきなり「恋人同士になりたい」「付き合いたい」などの言葉は使わないように。
相手は、まだあなたのことを何も知りません。
そんな状態で、そういう風に告白されても、OKなんてできるわけがありません。

なので、気持ちを伝えるときは素直に「好きです」や、「前から気になってました」などの、気持ちは伝わるけど、相手に負担を与えない言い方をしましょう。
そう、この告白する目的は、実は相手に「あなたのことを知ってもらうor意識してもらう」ことです。
そんな風に言われたら…気にならない人はいないですよね?
目的を見失わず、まずは「別に付き合いたいわけじゃなくて、気持ちを伝えたいだけ」というスタンスで告白するのが、一目惚れを成功させる近道なのです。