まずは好感を持ってもらう

トップページ > 一目惚れしたときのアプローチ方法 > まずは好感を持ってもらう

まずは好感を持ってもらうこと

連絡先を交換するときもそうですが、まずは相手に好感を持ってもらうことが一番です。
ですので、連絡先を交換する前に、何か一言だけでもいいので会話をしておくといいでしょう。

たとえば、いつも同じ電車に乗っているのであれば「よく会いますね」とにっこり微笑みかければ、相手も嫌な気分にはならないでしょう。
また、グループで会って、初対面で一目惚れをした場合は、相手の身につけているモノや、服装などを褒めてあげるといいでしょう。

他にも、相手と話す機会があるのであれば、相手の言っていることに対して「あ、それわかる!」と共感してあげるだけでも構いません。
人は、共通の部分があればあるほど、相手に対して好感を抱くものです。

仲良くなれたら、何か頼みごとやお願いごとをする

ある程度まで仲良くなれたら、相手に「それ取ってもらってもいい?」や「ちょっとコンビニまで付き合ってくれない?」程度の軽いお願いをしてみましょう。
この時点では、反対に深いお願いごとや、相談はNGです。

人は、誰かにお願いごとをされて、それを引き受けると脳内で「なぜ、自分はこの人のお願いごとを聞いてあげたのだろう」と疑問を抱きます。
そして、それに対して脳は「きっと、この人が好きだからだ」と解決をしようとします。

ですので、小さなお願いごとや頼みごとをするのは、恋愛ではかなり必要になってくることなのです。
もちろん、それは一目惚れでも同じことです。